スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢再び

部室で談笑していたら、後輩が置いてある長椅子の端に乗り、梃の原理で跳ね上がったもう一方の端の脚が傍にいた自分の左足小指を直撃。

…部員みんなの前で絶叫してしまった。恐らく骨に罅が入っている。




…それはともかくとして、「流星杯」始まりましたね。
自分は捨てハンで参加しているのですが、一次予選(ブロックごとに総当たり戦)同ブロックにひとり知り合いがいて、特定されることを避けられないという歯痒さ。
まあ二次予選に進出できるよう頑張りたいものですね。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。